不動産経営には一棟売りマンションが欠かせない|投資成功のコツ

メンズ

賃貸で儲ける投資信託

説明

購入はリスクがある

資産運用の定番といえばマンションの購入があります。購入して入居者から賃貸をもらうことで利益を出すシステムです。放っておいてもコンスタントに利益が出るので副業としてもうまく使えます。そんなマンション経営は初期投資が結構でかいです。しかも物件の立地によって人気と不人気があるため、かなり知識がないと運営できません。初心者には敷居が高いので注意しておきましょう。できるだけリスクを回避して資産運用したいときはみんなで大家さんを利用してみるといいです。これは投資信託の1つで少ないお金ででかい投資ができるシステムをしています。投資家から少しずつお金を集めて人気マンションへの投資をするのです。1口100万円からとマンション購入よりもリスクが少なく投資を出来ます。

仕組み理解する

少ない予算で大きな投資が可能なみんなで大家さんですが、システムについて理解しておくといいでしょう。みんなで大家さんでは数多くの投資物件を扱っていて好きな物件を選んで1口100万円から投資できます。利益が出れば投資家たちに分配金が発生するのです。マンション入居者が多いとその分収益もアップする仕組みになっています。入金確認日から分配金がもらえる権利が発生し、日割りでの計算になるのです。満期は3年になっていて2ヶ月単位で利回り約6%ほどもらえるシステムを作っています。運用が終わる翌日月末に最終的な分配金と出資金が戻ってくる仕組みをしているのです。みんなで大家さんはリスクの少ない投資信託として人気があります。